売上債権回転期間

売上債権回転期間とは、どの程度効率的に売上債権を回収できているかを示す指標のこと。

計算式

売上債権回転期間(日) = 売上債権 ÷ (売上高 ÷ 365)
売上債権回転期間(月) = 売上債権 ÷ (売上高 ÷ 12)

解説

一般的にキャッシュフローの観点から、売上債権の回収は早ければ早いほど良いとされる。つまり、売上債権回転期間が長いほど、債権回収に要する期間が長く、運転資金が必要となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

投資利益率(ROI)

次の記事

棚卸資産回転期間