低価法

低価法とは、棚卸資産の評価方法の1つで、時価と帳簿価額を比較し、低い方を評価額とする方法のこと。

解説

棚卸資産は、帳簿と実際では差異が生じる可能性がある。その原因は、紛失や盗難による数量の減少や陳腐化による価値の低下などがある。

原価法は、帳簿通りで簡便であることがメリットであるが、資産の実態を反映しない。この問題を解消したのが低価法である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

定率法

次の記事

原価法