従業員のパフォーマンスを高めるには

従業員が思うように働いてくれないという悩みを、経営者は少なからず持っているのではないでしょうか?

では、どうすれば従業員のパフォーマンスを高めることができるでしょうか。

方法としては二種類が考えられます。

一つ目の方法は、徹底的に働きやすい環境を作るという事です。和気あいあいとした楽しい職場環境を構築すると、従業員はストレスなく仕事に取り組むことができ、結果的に職場全体のパフォーマンスが向上するという考え方です。喧嘩っ早い従業員が職場を乱しているというような会社は、このような方法をとるほうが、全体的な仕事の成果は高まるのかもしれません。

そして、もう一つの手段は、恐怖政治的なやり方で従業員を管理するという方法です。

この方法は、「上司から怒られたくない」とか「成果が出てない理由を問い詰められたくない」という恐怖心から、甘えを許さずに全力で仕事に取り組ませることにより、パフォーマンスが向上するという考え方です。

もちろんこちらの方が社内はピリピリしているでしょうし、離職率は高まるかもしれません。

しかし、恐怖政治的な管理をする方が、会社の目標達成という事に関しては確実にパフォーマンスが上がる事が期待できます。和気あいあいと仕事をすること自体を否定するわけではありませんが、時には甘えやダレが生じる可能性は十分に考えられますし、全力で取り組んでいない従業員を見逃す可能性もあります。

会社の確固たる目標があり、そこに最短距離で到達したいのであれば、従業員のパフォーマンスを高めるために恐怖政治を敷くという方法も有効ではないでしょうか。

ただし、恐怖政治的な管理をする方法も、従業員もとってもメリットがなければ成り立ちません。

例えば、他の同業他社よりも給与が高額だったり、福利厚生が充実していたり、昇進するスピードが早かったりというような魅力を感じてもらわねばなりません。

ここでご説明した二つの方法は、どちらが良いということではなく、その会社の社風である「色」が表れる重要な選択になってくると思います。

どちらがご自身の会社の色に合っているのかということを考慮しながら、組織体制を構築していっていただければと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA