総平均法

総平均法とは、棚卸資産の評価方法である原価法の1つで、一定期間ごとに期首棚卸資産残高と期中仕入額の合計を総仕入個数で割って単価を算出し、棚卸資産の評価額を算出する方法のこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

原価法

次の記事

最終仕入原価法