最終仕入原価法

最終仕入原価法とは、棚卸資産の評価方法である原価法の1つで、期末から最も近い日に仕入れた商品の取得単価を基に評価する方法のこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

総平均法

次の記事

個別法