固定負債

固定負債とは、会社の本業の営業循環内になく、かつ決算日から1年以内に現金を支払う予定でない負債のこと。

解説

固定負債は、長期借入金・退職給付引当金・長期未払金などが該当する。一般的に総資産のうち、固定負債の割合が高い場合、長期的な資金繰りが厳しくなり、倒産リスクが高まる。

長期借入金の割合が高い業種は、鉄道や電力などのインフラ系事業が該当する。何故ならば、安定したキャッシュフローがあり、比較的融資を受けやすいからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

正常営業循環基準

次の記事

流動負債