当座比率

当座比率とは、短期的な支払い能力を表す指標のこと。安全性指標の1つ。

計算式

当座比率 = 当座資産 ÷ 流動負債 × 100

解説

1年以内に支払うべき流動負債が、当座資産にどの程度カバーされているかを表し、短期的な安全性を示す。

当座比率以外で会社の短期的な支払い能力を表す指標は、流動比率と手元流動性比率がある。

当座比率は、流動比率と比較して厳密な指標である。但し、当座資産には売掛金や受取手形といった即時に換金できない資産も含まれるため注意が必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

当座資産

次の記事

流動比率