ボトムアップ方式–予算の設定

予算の設定方法におけるボトムアップ方式とは、各担当者が予算を設定し、これらを集計することで会社全体の予算を設定する方式のこと。他にトップダウン方式がある。

解説

ボトムアップ方式による予算の設定におけるメリットは、現場担当者や現場責任者が現場の実態に即した予算を設定することができることである。また、担当者が自ら設定した予算であることから目標意識や予算意識を醸成しやすい。

デメリットは、部分最適になりやすい点である。全社的な戦略方針があったとしても、設定担当者の管轄内の最適化を行ってしまい、全社的には非効率が生じる可能性がある。

また、担当者の予算設定能力や部門の方針、価値観、考え方によって予算レベルが異なることがある。例えば、予算レベルを意図的に低くして目標達成しやすくするなど、担当者の恣意性が介入しやすい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

ゼロベース予算