直接労務費差異

直接労務費差異とは、標準直接労務費と実際に要した直接労務費の差額のこと。賃率差異と作業時間差異に分解される。

解説

賃率差異は、現場作業員の賃率(賃金レベル)の差から生じる。この差の原因は、採用や育成担当者の良し悪しや配置によるものと考えられるため、人事担当者の責任となる。

作業時間差異は、現場作業員の標準的な作業時間と実際の作業時間の差から生じる。作業時間差異の原因は、製造現場での現場作業員の能力や行動、段取りなどによって生じると考えられるため、現場担当者の責任となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

直接材料費差異

次の記事

製造間接費差異(三分法)