延期可能原価

延期可能原価とは、現行の業務の能率に影響を及ばさないで、将来に延期できる原価のこと。

解説

延期可能原価は、その原価が「今、必要な原価なのか」「現行の業務にどの程度影響を与えるのか」という判断軸において、延期可能と判定されたものである。つまり、”今”は必要がないもの。もしくは、将来、必要となるものと解釈できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

回避可能原価

次の記事

運転資本(WC)