営業活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローとは、本業に関わる活動による現金の流れを表す。キャッシュフロー計算書を構成する区分の1つ。

解説

営業活動は本業での活動を指し、仕入れによるキャッシュアウトや売上によるキャッシュインのバランスを見ることができる。

例えば、飲食業のように現金商売である場合は、売上の入金はその場(クレジットカードなどの場合でも数日)でキャッシュインであるため、基本的にプラスとなる傾向がある。

卸売業者の場合は、販売・仕入共に掛けでの売買であることが多く、取引条件によってキャッシュの動きが変わってくる。仮に、売掛金の入金期間よりも買掛金の支払い期間の方が短い場合、事業を拡大すればするほど資金が減少するため、資金調達が必要となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

収益